協会概要

名 称

一般財団法人 横浜港湾貨物計量協会

本 部

〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通一丁目3番地 海事ビル3F

電話番号:045-201-9045

FAX:045-201-8704

代表者

理事長 林 博樹

事業概要

横浜港における貨物(以下「港湾貨物という」)の公正なる計量の実施を確保し、迅速かつ円滑な受け渡しに貢献する

併せて、計量の質的向上と健全なる発展を図り、国民生活の安全・安心に寄与する

事業内容

港湾貨物の計量を行い、「計量証明書」を発行する

港湾物流に関する情報収集、調査研究

計量に対する意識の向上を図る

計量所

本牧埠頭計量所 神奈川県計量証明事業登録番号186号

大黒埠頭計量所 神奈川県計量証明事業登録番号333号 各計量所詳しくはこちら

取引銀行
三井住友銀行 りそな銀行 商工中央金庫 横浜銀行 他
協会沿革
昭和39年11月 財団法人 横浜港湾貨物計量協会を設立
山下埠頭に計量所を開設、30トンスケールを設置し、事業を開始

昭和46年7月 本牧埠頭に計量所を開設、50トンスケールを設置
昭和60年3月 本牧埠頭計量所を現在地に移転、70トンスケールを設置
平成元年10月 山下埠頭計量所に40トンスケールを設置
平成3年9月 大黒埠頭に計量所を開設、70トンスケールを設置
平成13年3月 協会事務局を、現在地に移転
平成15年10月 大黒埠頭計量所を、現在地に移転、90トンスケールを設置
計量管理システムを導入し、計量事務の効率化を図る
平成21年5月 本牧埠頭計量所に90トンスケールを設置し偏荷重計量システムを導入し
物流の安全対策に資する
平成22年7月 大黒埠頭計量所に、偏荷重計量システムを導入し、物流の安全対策に資する
平成23年12月

大黒埠頭計量所に三次元偏荷重計測システム導入

平成24年4月 本牧埠頭計量所に三次元偏荷重計測システム導入
平成24年7月 公益法人制度改革に伴い一般財団法人へ移行
平成26年11月 創立50周年を迎える

 

プライバシーポリシーお問い合わせ